相続で取得した空き家を譲渡したときの特例が創設されました

相続で取得した空き家を譲渡したときの特例が創設されました

平成28年度税制改正で、相続で取得した空き家を譲渡したときの譲渡所得の特例が創設されました。 相続前に被相続人が住んでいた家屋や土地を相続したものの、空き家となり、 その空き家につ … 続きを読む 相続で取得した空き家を譲渡したときの特例が創設されました

この記事は約2分で読み終わります。

平成28年度税制改正で、相続で取得した空き家を譲渡したときの譲渡所得の特例が創設されました。

相続前に被相続人が住んでいた家屋や土地を相続したものの、空き家となり、 その空き家について耐震リフォームまたは取壊しした上で、家屋と土地または土地を譲渡したときに、 譲渡所得から3,000万円を控除することができます。

住居を相続したものの使い道がなく、税金がかかるので売るにも売れない・・・

というようなケースでこの特例を活用することができます。

なお、対象となる家屋は次のすべての要件を満たす必要があります。
(1)昭和56年5月31日以前に建築されたこと
(2)区分所有建物ではないこと
(3)相続開始の直前に被相続人以外の者が居住していないこと

適用を受けるには、相続開始があった日から同日以後3年を経過する日の属する年の12月31日までの間に、耐震リフォームまたは家屋の取壊しをした上で譲渡する必要があります(耐震基準を満たしている場合は耐震リフォームは必要ありません)。ただし、譲渡価額が1億円を超える場合は適用することができません

この特例は平成28年4月1日から平成31年12月31日までの期限付きのものですので注意してください。