遺言が残っているかどうかわからないとき

遺言が残っているかどうかわからないとき

生前に「遺言書作ったよ!」とはなかなか言ってくれないでしょうから、お亡くなりになった方が遺言書を作成していたかどうかわからない、ということはよくあることです。しかし、遺言書の有無は … 続きを読む 遺言が残っているかどうかわからないとき

この記事は約2分で読み終わります。

生前に「遺言書作ったよ!」とはなかなか言ってくれないでしょうから、お亡くなりになった方が遺言書を作成していたかどうかわからない、ということはよくあることです。
しかし、遺言書の有無は、各種手続きや相続税の申告にあたっても必要ですから、できるだけ早く見つけなければなりません。

そんなとき、平成元年以降(昭和64年1月1日以後)に作成した公正証書遺言であれば、データベース化されているので、全国のどの公証役場でも遺言検索システムを利用して検索をすることができます。
それ以前に作成したと思われる場合は、遺言を作成した公証役場には記録が残っていますが、それ以外の公証役場で検索することはできません。
ただし、遺言検索システムは、遺言者が生存している場合には、遺言者しか利用することはできません。

なお、公正証書の検索を依頼するには、次のような書類が必要です。
・遺言者の除籍謄本・死亡診断書など
・請求者の戸籍謄本
・請求者の身分証明書と認印
(相続人と請求者の関係により必要書類が異なるため注意してください。)