貸家や貸家建付地の評価で用いる賃貸割合とは

貸家や貸家建付地の評価で用いる賃貸割合とは

貸家や貸家建付地について、相続税や贈与税を計算する際に評価で用いる賃貸割合は次のように計算します。 「 賃貸割合 = aのうち課税時期において賃貸されている各独立部分の床面積の合計 … 続きを読む 貸家や貸家建付地の評価で用いる賃貸割合とは

この記事は約2分で読み終わります。

貸家や貸家建付地について、相続税や贈与税を計算する際に評価で用いる賃貸割合は次のように計算します。

「 賃貸割合 = aのうち課税時期において賃貸されている各独立部分の床面積の合計 / 当該家屋の各独立部分の床面積の合計(a) 」

この計算式で用いる「各独立部分」とは、建物の構成部分である隔壁、扉、階層(天井及び床)等によって他の部分と完全に遮断されている部分で、独立した出入口があるなど独立して賃貸その他の用に供することができるもののことをいいます。例えば、ふすま、障子又はベニヤ板等の堅固でないものによって仕切られている部分及び階層で区分されていても、独立した出入口を有しない部分は「各独立部分」には該当しません。なお、外部に接する出入口がない部分でも、共同で使用すべき廊下、階段、エレベーター等の共用部分のみを通って外部と出入りすることができる構造となっているものは、上記の「独立した出入口を有するもの」に該当します。