みんなの相続は、「税理士法人AIO(アイオー)」が運営しています。

みんなの相続は、税理士・公認会計士・行政書士を要する「税理士法人AIO(アイオー)」(大阪市中央区)が、普段、税理士になじみのないみなさまにも、安心してご相談いただくために運営しております。

事務所は大阪市営地下鉄淀屋橋駅・肥後橋駅からもアクセス良好です。 大阪市全域はもちろんのこと、大阪や神戸などの阪神間を中心に広い範囲でサービスを行っており、土日や平日夜のご相談、出張相談も承っております。
大阪や神戸などの阪神間以外で対応できるサービスがあります。

初回の相談は無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。
相続の専門家がみなさまの疑問をその場で解決いたします。時間制限も特に設けておりませんが、皆様、1時間程度のご相談時間で、疑問点をすっきりと解消していただいております。「わかりやすい」とお褒めをいただくこともあります。大阪で実績豊富な専門家による無料相談を、ぜひお申込ください。
みんなの相続<運営:税理士法人AIO(大阪市中央区)>のホームページをご覧くださり、ありがとうございました。

マイベストプロ大阪で相続税関連業務のプロとして紹介されています!
http://mbp-osaka.com/minna/

「みんなの相続」が選ばれる3つの理由

  • 「わかりやすい」をモットーに!

    専門用語をできるだけ使わず、わかりやすい説明と提案を行います。わからないことは答えに納得できるまで何度も何度も質問してください。

  • 明確で「わかりやすい」料金体系!

    複雑な料金体系ではなく、必ず事前にお見積りをご確認いただきます。事前に説明のない報酬は一切いただきませんので、安心してご利用いただけます。

  • みんなが「幸せになる」相続を!

    それぞれに相応しい相続の形が必ずあるはずです。豊富な経験と専門家としての知識を活かし、最適な形の相続ができるように一緒に取り組みます。

どんな状況の方にも「わかりやすく」ご説明します。

コスト重視プラン

コスト重視プランでは、必要な資料の収集などをお客様ご自身で行っていただくことで、税理士報酬を抑えながらも、必要な相続税の申告などを迅速に行います。

生前対策プラン

相続対策は早めに取り組むにこしたことはありません。税理士がお客様の立場から相続税の負担を減らすためトコトン考えます。

サポート充実プラン

基本プランでは、相続財産の調査、相続税の節税・税務調査・円満な相続・二次相続を考慮した遺産分割の提案や税額のシミュレーション等を行い、しっかりとサポートします。

ご相談の流れ

無料相談メールフォームへ

サービス

  • コスト重視プラン 費用を抑えたい方
  • 生前対策プラン 相続のことが心配な方
  • サポート充実プラン しっかりサポートしてほしい方

相続ブログ

BLOG

無料相談について

無料相談でよくご相談いただく内容

  • 相続した後に必要となる手続きのことを教えて欲しい。
  • 遺言書を作成したい。
  • 遺産分割で揉めている。遺産分割協議書を作成したい。
  • 借金はどうしたらいいか教えて欲しい。
  • 税金がかかるかどうかを教えて欲しい。
  • 贈与税を低く抑えながら贈与する方法を教えて欲しい。
  • 納税資金が不足しているので延納・物納をしたい。
  • 生前対策の方法を教えて欲しい。
  • 円滑に事業承継する方法を考えたい。
  • あまりわからないので、とにかく相談に乗って欲しい。

無料相談のメリット

  • 相続前でも後でもこれからやらなければならないことが何となくわかる。
  • 手続きの内容がわかり、書類の入手などを効率的に行うことができる。
  • 税金がかかりそうかどうかがわかる。
  • 手続きや対策にかかる時間や費用の目安がわかる。
  • 自分でできそうなこととそうでないことがわかる。
  • 生前対策の方向性のイメージができる。

相続の基礎知識をわかりやすく解説!

相続税の基本

相続税は10ヶ月以内の申告・納税が必要

相続税は相続などで財産を受け取った人が支払わなければならない税金です。申告をして納税をしなければならず、その期限は相続の開始があったことを知った日の翌日(通常は故人がお亡くなりになられた日)から10ヶ月以内です。といっても、誰にでも税金がかかる訳ではありません。基礎控除というものがあり、基礎控除を超えるような一定の遺産があった場合に税金がかかります。現在、基礎控除は、『3,000万円+600万円×法定相続人の人数』とされています。例えば、法定相続人が配偶者と子2人(つまり法定相続人は3人)であった場合は、3000万円+600万円×3=4,800万円が基礎控除となり、それを超える遺産があった場合に遺産を受け取った人は、課税される相続財産に応じた一定の税率により税金がかかることとなります。ただし、配偶者が財産を受け取ったときの特例や一定の住居などに対しては税金が軽減されるなど各種特例も設けられています。
相続税の申告は、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署に対して行います。近畿地方の場合は、大阪国税局管轄の税務署に提出します。例えば、大阪市中央区に被相続人が死亡時に住んでいた場合は、東税務署に申告します。

申告期限を過ぎるとペナルティがかかる

大切な人がお亡くなりになられた後、残された人は大変な心労の中、様々なことを同時にこなさなければならず、申告期限の10ヶ月というのは本当にあっという間に過ぎてしまいます。しかし、税金のことは待ってくれません。うっかり申告期限を過ぎてしまうと適用できなくなってしまう特例もありますし、延滞税、無申告加算税、重加算税といったペナルティもかかってきます。納税のためのお金が足りなければ、資産を売却するなどしてお金を用意することも必要です。時間があれば解決できるようなこともたくさんありますので、とにかくどんな状況でも早めにご相談いただくのが何よりです。

早目の対策が重要

また、相続が起こっていない場合には生前対策を行って節税を図りますが、そのときのポイントは、相続する資産をいかに少なくするかと納税のための資金を準備しておくことです。といっても単に贈与しただけでは、贈与税がかかりますし、不動産などの場合には簡単に資産を移すこともできません。生前対策をする場合にも早く対策に動くことが大事です。

税理士によって税金は変わるの?

税理士の役割

相続があったとき、相続財産の総額によっては、相続税の申告が必要です。また、贈与をした場合にも、贈与財産の総額によっては、贈与税の申告が必要となります。税理士は、こうした相続税、贈与税についてのスペシャリストとして、相続税や贈与税の申告や税金を減らすための対策の検討を行います。みんなの相続<運営:税理士法人AIO(大阪市中央区)>は、大阪で相続や贈与の相談実績が豊富にあります。大阪や神戸で相続でお困りのお客様にとってベストとなる提案をいたします。

財産をどう評価するかがポイント

相続する財産というのは一様ではありません。不動産があった場合、不動産には一つの明確な価格がある訳ではありませんので、それをどう評価するかという問題が起こります。相続に不慣れな税理士が不動産を低く評価するポイントを見逃して評価すると高い評価となり、納税額は増えてしまいます。また、相続税は、遺産を受け取った人に対して課税されますので、遺産をどう分割するかによっても変わってきます。故人がご家族名義の預金口座に預金していたというような場合は、単に名義を借りていただけであったとして、故人の相続財産に含める必要があります。こういった場合にはどこまでを相続財産に含めるかということを考えないといけません。
大阪や神戸で相続にお困りの際は、相談実績が豊富なみんなの相続<運営:税理士法人AIO(大阪市中央区)>の専門家にぜひお任せください。

税務調査で問題のない申告が必要

実際には、経験、ノウハウがかなりモノを言うこととなるのです。また、申告をすると、かなり高い確率(約3割)で税務調査が行われます。いざ税務調査が入ると、税務当局(大阪の場合は大阪国税局や大阪国税局管内の各税務署)は故人の所得や資産に関する膨大な資料を持っているため、約8割という非常に高い確率で、問題が見つかってしまいます。実際に大阪国税局が平成27年11月に発表した報道発表資料によれば、大阪国税局管内の平成26事務年度の相続税の非違割合(実地調査件数に占める申告漏れ等の非違件数)は84.2%と非常に高い数値でした、大阪国税局の非違割合は東京国税局の同事務年度の非違割合(75.1%)を大きく上回っており、大阪国税局管内でも積極的な相続税の調査が行われていることを示しています。相続税の調査のときに問題とならないためのも経験や専門性に裏付けされた問題のない申告を行っておく必要があるのです。また、税理士が申告書について適正に作成されていることを証明し、重要な論点について税理士が先に説明しておくという税理士法第33条の2に規定されている書面添付制度を活用することにより、税務調査対策を行うことができます。当事務所では、この書面添付制度を積極的に活用することにより、税務調査を回避したり、税務当局からの接触の回数が減るなど、お客様のご負担の軽減を考えています。

PAGE TOP