被相続人が遺言書を残していた場合であっても、相続人全員が合意すれば、遺言書の内容と異なる内容で遺産分割をすることができます。 このような場合、一旦、受遺者(遺贈を受ける者として遺言 … 続きを読む 遺言書どおりに遺産分割しなかったときに贈与税はかかるか?

贈与税の課税方法には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つの方法があり、要件を満たすときは「相続時精算課税」を利用することができます。 相続時精算課税とは、贈与税・相続税を通じた課 … 続きを読む 相続時精算課税を選択した後に110万円以下の贈与を行っても贈与税の申告は必要?

所得税等の確定申告書を提出する必要がある方で、一定の要件にも当てはまる方は「財産債務調書」を税務署(所得税の納税地の税務署長宛)に提出しなければなりません。財産債務調書とは、所有す … 続きを読む 遺産分割が終わっていないときの財産債務調書への記載の判断基準

例えば、相続財産が不動産のみで相続人が複数いるような場合で、一人の相続人がその不動産を取得し、不動産を取得した人がその他の相続人に対して金銭を支払う、というようなことがあります。こ … 続きを読む 代償分割があったときの相続税の計算

相続税の計算にあたって、小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、対象となる土地が事業用のものか居住用のものであることが必要です。居住用のものであるには、相続開始の直前において被相 … 続きを読む 老人ホームに入所していた場合でも小規模宅地等の特例の適用を受けることができるか?

事業的規模でない不動産貸付でも小規模宅地等の特例の適用はできるか?

相続税の計算にあたって、小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、対象となる土地が事業用のものか居住用のものであることが必要です。それでは、事業的規模でない不動産の貸付けを行ってい … 続きを読む 事業的規模でない不動産貸付でも小規模宅地等の特例の適用はできるか?

相続税の「小規模宅地等の特例」とはどんな特例ですか?

個人が相続等で取得した財産のうち、次のような宅地(土地などで、一定の建物または構築物の敷地となっているもの)で一定の要件を満たすものについては、相続税の計算にあたって、その土地の評 … 続きを読む 相続税の「小規模宅地等の特例」とはどんな特例ですか?

贈与をした人がその年に死亡したときの申告

贈与をした人が贈与をした年に死亡した場合、贈与税の申告をするのでしょうか、それとも、相続税の申告をするのでしょうか? これについては、贈与を受けた人(受贈者)が相続時精算課税制度の … 続きを読む 贈与をした人がその年に死亡したときの申告

遺留分の減殺請求がされているときの相続税の申告

例えば、被相続人が長男に全ての財産を相続させる遺言書を作成したが、相続税の申告期限までに配偶者から遺留分の減殺請求を受けたことにより、最終的に相続する財産の額が確定していない、とい … 続きを読む 遺留分の減殺請求がされているときの相続税の申告

お墓を購入したときの借入金は債務控除できるか?

相続税を計算するにあたって、被相続人が死亡したときにあった債務で確実と認められるものについては相続財産から差し引く(債務控除)ことができます。差し引くことができる債務には、借入金や … 続きを読む お墓を購入したときの借入金は債務控除できるか?

住宅等取得資金贈与の特例とは?

平成27年1月1日から平成31年6月30日までの間に、父母や祖父母などの直系尊属から住宅を取得するための資金や住宅を増改築するための資金等の贈与を受け、実際に住宅を取得等した上で居 … 続きを読む 住宅等取得資金贈与の特例とは?

過去に行われた贈与の申告内容の開示請求手続

相続税の申告にあたって、相続前に行われた贈与などの情報が必要となりますが、過去に行われた贈与等について贈与税の申告書が残っておらず、その状況がわからないということも考えられます。そ … 続きを読む 過去に行われた贈与の申告内容の開示請求手続