相続した際に支払う相続税は、金額が大きいだけに負担も大きくなるものですが、実際には相続税がかかる人の割合は6%程度といわれており、ほとんどの人が払わなくていいこととなっています。と … 続きを読む 相続税の基礎控除とは?

孫に相続をする場合、どのようなこと手順で進めればいいのでしょうか。 手順や注意事項についてご紹介します。 1. 孫が代襲相続できる場合 ・孫が代襲相続できる場合は、死亡・廃除・欠格 … 続きを読む 財産を孫に相続させるときのポイント

土地を相続するとなると気になるのが相続税です。土地に関する価格の種類や相続税の計算方法について解説します。 1.土地の相続で考えたい価格の種類 土地の価格は、公示価格・路線価・固定 … 続きを読む 土地を相続したときの税金について

相続対策(生前対策)の一環として、生前贈与を行うことが考えられます。 生前贈与を行った場合には特に次のような点に注意する必要があります。 目次1 贈与契約書を作成する1.1 (贈与 … 続きを読む 生前贈与を行うときに注意しなければならないこと

いざ相続が起こると、様々な手続きを期限までに進めていかなければなりません。うっかりと期限を過ぎてしまうと大きな損をしてしまうケースもあります。相続に関連するスケジュールは必ず理解し … 続きを読む 遺産相続の各種手続きのスケジュール

誰かにお金や物をあげたりすると、それは贈与となり、その金額によっては贈与税が課税されます。これは親族間でも配偶者でも同じです。しかし、親族に贈与したときには贈与税がかからない、もし … 続きを読む 夫婦間で居住用不動産を贈与したときは特例を使いましょう!

2017年9月26日の産経新聞(大阪版)夕刊「スペシャリストにきく」に弊所代表税理士 松本佳之の記事が掲載されました。 「中小事業主の相続」をテーマに、中小事業主の相続対策、事業承 … 続きを読む 産経新聞に弊所代表の記事が掲載されました

ある日、「全財産を○○さん(愛人の名前)に相続させる。」との父親の遺書を見つけたら、あなたはどうしますか? 残された家族は困ってしまうのではないでしょうか。そのようなとき、遺留分制 … 続きを読む 相続の遺留分を理解し、正しい遺産分割を行うために

人が亡くなると特に身内などの間で遺産相続の問題が起こる場合があります。 こんなとき、誰がどのくらいの遺産を相続するのかが焦点になります。 目次1 法定相続人の範囲とその順位2 法定 … 続きを読む 法定相続人の順位について

被相続人が遺言書を残していた場合は、被相続人の意思である遺言書の内容に従って、遺産分割をするのが通常です。しかし、遺言書が残されている場合でも、相続人全員が合意すれば、遺言書の内容 … 続きを読む 遺言書どおりに遺産分割しなかったときに贈与税はかかるか?

贈与税の課税方法には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つの方法があり、要件を満たすときは「相続時精算課税」を利用することができます。 相続時精算課税とは、贈与税・相続税を通じた課 … 続きを読む 相続時精算課税を選択した後に110万円以下の贈与を行っても贈与税の申告は必要?

財産債務調書制度とは? 所得税等の確定申告書を提出する必要がある方で、一定の要件にも当てはまる方は「財産債務調書」を税務署(所得税の納税地の税務署長宛)に提出しなければなりません。 … 続きを読む 遺産分割が終わっていないときの財産債務調書への記載の判断基準