相続税は金銭で納めることが原則ですが、一定の場合には金銭以外の財産で相続税を納税する物納制度を利用することができます。今回は相続税の物納制度について税理士がポイントを解説します。 … 続きを読む 相続税を納めることができないときー相続税の物納制度とは?

相続税は、納期限(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内)までに金銭で納めることが原則です。しかし、納期限までに金銭を用意できないこともあるでしょう。そのような場合 … 続きを読む 相続税を納期限までに納めることができないとき-相続税の延納制度とは?

相続財産にゴルフ会員権があるときも相続税の課税対象となります。相続税の計算にあたってこのゴルフ会員権はどのように評価すればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します。 &nbs … 続きを読む 相続や贈与で取得したゴルフ会員権の相続税評価

2018年度(平成30年度)税制改正では、一般社団法人等に係る相続税・贈与税の改正も行われています。これにより一般社団法人等に持分がないことを利用した相続税の回避スキームが制限され … 続きを読む 2018年度(平成30年度)税制改正 一般社団法人等に係る相続税等の改正

2018年度(平成30年度)税制改正において、小規模宅地等の特例についても要件の見直しが行われています。いわゆる家なき子スキームが封じられたり、一時貸付けの賃貸不動産が事業用宅地等 … 続きを読む 2018年度(平成30年度)税制改正 小規模宅地等の特例の見直し

高齢の経営者が後継者に事業を引き継ぐ際(事業承継)、多額の税金がかかってしまうと円滑に事業承継が進まないこととなります。場合によっては株式を手放したり、事業を廃止したりせざるを得ま … 続きを読む 事業承継税制の特例措置ってどんな制度?

贈与税の課税方法には「暦年贈与」と「相続時精算課税」の2つの方法があります。相続時精算課税制度を利用した翌年以降に贈与税の暦年贈与の基礎控除以下の贈与をしたときはどうすればよいので … 続きを読む 相続時精算課税を選択した後に110万円以下の贈与を行っても贈与税の申告は必要?

被相続人が死亡した場合に、被相続人に支給されるべきであった退職手当金や功労金など(死亡退職金等)を受け取ることがあります。この死亡退職金等についても相続税はかかります。今回は死亡退 … 続きを読む 死亡退職金を受け取ったときの相続税の計算方法

結婚費用や学費を親から受け取る場合もあると思いますが、このような生前贈与が特別受益とみなされ、相続時のトラブルになることがあります。相続で知っておきたい、特別受益について計算方法も … 続きを読む 学費や結婚費用が相続に響く!?生前贈与と特別受益の関係

生前贈与をして、年間贈与の額が一定以上あった場合など、人によっては贈与税申告が必要な場合があります。贈与税申告はいつからいつまでなのか、もし贈与税申告を忘れたらどうなるのか、贈与税 … 続きを読む 贈与税申告はいつから?申告を忘れてしまったときは?

民法上は相続財産でなくても、相続税の計算にあたって相続財産としなければならないものを「みなし相続財産」といいます。みなし相続財産とはそもそもどんなものをいうのでしょうか、相続税の計 … 続きを読む 生命保険や年金も相続税の課税対象?みなし相続財産と相続税の計算

土地の相続税を計算したいときに使用されるのが、国税庁の公示している相続税路線価です。実際、相続税に関わる土地を評価したいときどのように使うのか、注意するべき点はどこか紹介します。 … 続きを読む 土地の相続税の評価に使用する路線価の使い方