相続時精算課税を選択した後に110万円以下の贈与を行っても贈与税の申告は必要?

贈与税

相続対策も相続税の申告も早くから準備をするほど良い結果に結びつくことでしょう。大阪にある「みんなの相続相談・大阪」は、すでに相続が起こった方も相続のことが心配な方も、お客様の事情をしっかりと汲み取って、お一人お一人に適した相続対策を提案いたします。

贈与税の課税方法には「暦年贈与」と「相続時精算課税」の2つの方法があります。相続時精算課税制度を利用した翌年以降に贈与税の暦年贈与の基礎控除以下の贈与をしたときはどうすればよいので … 続きを読む 相続時精算課税を選択した後に110万円以下の贈与を行っても贈与税の申告は必要?

生前贈与をして、年間贈与の額が一定以上あった場合など、人によっては贈与税申告が必要な場合があります。贈与税申告はいつからいつまでなのか、もし贈与税申告を忘れたらどうなるのか、贈与税 … 続きを読む 贈与税申告はいつから?申告を忘れてしまったときは?

相続税を節税するための相続対策(生前対策)の一環として、生前贈与を行うことが考えられます。今回は、生前贈与を行うときの注意点について税理士がポイントを解説します。   生 … 続きを読む 生前贈与を行うときに注意しなければならないこと

誰かにお金や物をあげたりすると、それは贈与となり、その金額によっては贈与税が課税されます。これは親族間でも配偶者でも同じです。しかし、親族に贈与したときには贈与税がかからない、もし … 続きを読む 夫婦間で居住用不動産を贈与したときは特例を使いましょう!

贈与をした人がその年に死亡したときの申告

贈与をした人が贈与をした年に死亡した場合、贈与税の申告をするのでしょうか、それとも、相続税の申告をするのでしょうか? これについては、贈与を受けた人(受贈者)が相続時精算課税制度の … 続きを読む 贈与をした人がその年に死亡したときの申告

住宅等取得資金贈与の特例を使って相続対策ができる!?

平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に、直系尊属(父母や祖父母など)から住宅を新築、取得するための資金や住宅を増改築するための資金等の贈与を受け、実際に住宅を取得等 … 続きを読む 住宅等取得資金贈与の特例を使って相続対策ができる!?

生前贈与は、相続対策(生前対策)の有効な手法ですが、贈与をすると通常は贈与税がかかります。しかし、贈与税にはいくつかの特例が設けられており、その特例を使って贈与をすれば、贈与税がか … 続きを読む 2019年3月まで!結婚・子育て資金の贈与税の非課税の特例とは?

住宅取得等資金の贈与税の特例を利用して相続対策(生前対策)をすることがあります。この特例はとても活用しやすい制度ですが、対象となる居住用の家屋や増改築等の要件が定められていますので … 続きを読む 住宅取得等資金贈与の特例 対象となる居住用家屋・増改築等とは?

住宅取得等資金贈与の特例『良質な住宅用家屋』とは?

住宅取得等資金の贈与税の非課税制度における『良質な住宅用家屋』とは、(1)省エネ性、(2)耐震性、(3)バリアフリー性のいずれかが高い住宅用家屋のことをいい、それぞれについて具体的 … 続きを読む 住宅取得等資金贈与の特例『良質な住宅用家屋』とは?

結婚・子育て資金の贈与税の非課税の特例を利用して贈与をした後に、贈与した人が死亡することがあります。このような場合には、どう対応すればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します … 続きを読む 結婚・子育て資金の特例を利用した後、贈与者が死亡したとき

贈与税の延納制度とは?

贈与税は、財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日までの間に申告し、税金を金銭で一度に納める必要があります。しかし、贈与税についても延納制度が設けられており、次の3つの要件を満 … 続きを読む 贈与税の延納制度とは?

相続対策(生前対策)として贈与を行うことがあります。一定額以上の贈与を行ったときには贈与税がかかります。この贈与税とはどのような税金なのでしょうか?税理士がポイントを解説します。 … 続きを読む 贈与税ってどんな税金?時効はあるの?