相続税の基礎控除とは?

相続税の計算

相続対策も相続税の申告も早くから準備をするほど良い結果に結びつくことでしょう。大阪にある「みんなの相続相談・大阪」は、すでに相続が起こった方も相続のことが心配な方も、お客様の事情をしっかりと汲み取って、お一人お一人に適した相続対策を提案いたします。

相続した際に支払う相続税は、金額が大きいだけに負担も大きくなるものですが、実際には相続税がかかる人の割合は6%程度といわれており、ほとんどの人が払わなくていいこととなっています。と … 続きを読む 相続税の基礎控除とは?

例えば、相続財産が不動産のみで相続人が複数いるような場合で、一人の相続人がその不動産を取得し、不動産を取得した人がその他の相続人に対して金銭を支払う、というようなことがあります。こ … 続きを読む 代償分割があったときの相続税の計算

死亡退職金を受け取ったときの相続税の計算方法

被相続人が死亡した場合に、被相続人に支給されるべきであった退職手当金や功労金などを受け取ることがあります。この退職手当金等について、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものにつ … 続きを読む 死亡退職金を受け取ったときの相続税の計算方法

相続人が未成年者または障害者であるとき

相続税の計算にあたって、相続人が未成年者であるとき、障害者であるときは、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。 未成年者控除 20歳未満の人が相続人であるときは、相続税 … 続きを読む 相続人が未成年者または障害者であるとき

相続が続けておこったときの「相次相続控除」

第1次相続(例えば、祖父から父への相続)の際に相続税が課税され、比較的短期間の間に第2次相続(例えば、父から子への相続)が起こった場合にそのまま相続税が課税すると、相続税の負担が過 … 続きを読む 相続が続けておこったときの「相次相続控除」

相続人の中に養子がいるときの相続税の計算

民法では何人でも養子にすることができ、養子となった場合には実子と同様に相続の権利が発生します。しかし、相続税の計算においても養子を無制限に認めれば、相続税を減らすためにとにかく養子 … 続きを読む 相続人の中に養子がいるときの相続税の計算

相続開始前3年以内に贈与があったとき

相続などで財産を取得した人が、その相続開始前3年以内にも被相続人から贈与を受けている場合、相続税を計算するときの相続財産に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。 その一方で … 続きを読む 相続開始前3年以内に贈与があったとき

相続税額の2割加算されるのはどんなとき?

相続税は決められた計算方法に基づいて計算することとなりますが、相続財産を受け取る人によっては相続税額が2割加算されることがある、というのはご存じでしょうか? 相続税額の2割加算とは … 続きを読む 相続税額の2割加算されるのはどんなとき?

配偶者の相続税額の軽減

配偶者が相続や遺贈によって実際に取得した財産の価額が ・1億6千万円以下である場合 または ・課税価格の合計額に配偶者の法定相続分(子供がいる場合は1/2)を掛けた金額以下である場 … 続きを読む 配偶者の相続税額の軽減

相続税の計算方法

相続税は次の4つのステップを踏んで計算します。 1.相続財産の総額を計算相続を受ける人ごとに課税価格を計算します。  各人の課税価格=相続財産+みなし相続財産-非課税財産-債務・葬 … 続きを読む 相続税の計算方法