配偶者の相続税額の軽減

配偶者の相続税額の軽減

配偶者が相続や遺贈によって実際に取得した財産の価額が ・1億6千万円以下である場合 または ・課税価格の合計額に配偶者の法定相続分(子供がいる場合は1/2)を掛けた金額以下である場 … 続きを読む 配偶者の相続税額の軽減

この記事は約2分で読み終わります。

配偶者が相続や遺贈によって実際に取得した財産の価額が

・1億6千万円以下である場合

または

・課税価格の合計額に配偶者の法定相続分(子供がいる場合は1/2)を掛けた金額以下である場合

には、相続税の計算上、配偶者には相続税がかからない仕組みになっています。この配偶者の相続税額の軽減を受けるためには、相続税の申告が必要です。適用することによって相続税額がゼロとなるときも相続税の申告が必要です。

また、この配偶者の相続税額の軽減は、配偶者が遺産分割などで実際に取得した財産を基に計算されることになっています。そのため、相続税の申告期限までに分割されていない財産は税額軽減の対象になりません。ただし、相続税の申告書に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付しておけば、申告期限から3年以内に分割したときは、税額軽減の対象になります。