2018年度(平成30年度)税制改正 一般社団法人等に係る相続税等の改正

税制改正

相続対策も相続税の申告も早くから準備をするほど良い結果に結びつくことでしょう。大阪にある「みんなの相続相談・大阪」は、すでに相続が起こった方も相続のことが心配な方も、お客様の事情をしっかりと汲み取って、お一人お一人に適した相続対策を提案いたします。

2018年度(平成30年度)税制改正では、一般社団法人等に係る相続税・贈与税の改正も行われています。これにより一般社団法人等に持分がないことを利用した相続税の回避スキームが制限され … 続きを読む 2018年度(平成30年度)税制改正 一般社団法人等に係る相続税等の改正

農地を相続や贈与したときも、原則として相続税や贈与税がかかります。しかし、多額の税金がかかると農業を継続することが難しくなるため、一定の場合に納税猶予することができる制度が設けられ … 続きを読む 農地等の贈与税・相続税の納税猶予制度の改正

H27/1/1から贈与税も変わります

平成27年1月1日以後に贈与により取得する財産に係る贈与税について、次の改正が適用となります。 1.相続時精算課税の改正 相続時精算課税とは、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、 … 続きを読む H27/1/1から贈与税も変わります

H27/1/1から相続税が大きく変わります

平成25年税制改正により、平成27年1月1日以後に相続等が起こって財産を取得した場合の相続税が大きく変わりました。主な改正の内容を解説します。 1.遺産に係る基礎控除額の引下げ遺産 … 続きを読む H27/1/1から相続税が大きく変わります

特定居住用宅地等の適用要件が緩和されました

平成26年1月1日から特定居住用宅地等の適用要件が緩和されています。 1.二世帯住宅に居住していた場合 被相続人と親族が同居するいわゆる二世帯住宅の敷地の用に供されている宅地等につ … 続きを読む 特定居住用宅地等の適用要件が緩和されました