相続税の申告と納税をするにはどんな準備が必要ですか?

相続税の申告

相続対策も相続税の申告も早くから準備をするほど良い結果に結びつくことでしょう。大阪にある「みんなの相続相談・大阪」は、すでに相続が起こった方も相続のことが心配な方も、お客様の事情をしっかりと汲み取って、お一人お一人に適した相続対策を提案いたします。

いざ相続が起こると、相当な心労の中、様々な手続きを進めていかなければなりません。その中でも、忘れてはいけないのが相続税の申告です。相続税の申告が必要であるにも関わらず、申告期限まで … 続きを読む 相続税の申告と納税をするにはどんな準備が必要ですか?

相続税には申告期限がありますが、その申告期限までに遺産分割がまとまらないことがあります。このようなとき、相続税の申告はどうすればよいのでしょうか?税理士がポイントを解説します。 相 … 続きを読む 相続財産が未分割のときの相続税の申告はどうする?

相続する人すべてが必要なわけではないですが、相続をすると相続税の申告が必要なケースがあります。相続税の申告は申告期限が設けられているので、適切かつ早めに行なうことが大切です。 今回 … 続きを読む 相続税の申告期限は〇ヶ月以内!?申告期限を過ぎるとどうなる?

相続税の申告の際、申告書に一定の書類を添付して提出する必要があります。 平成30年4月1日以後に相続税の申告を行う場合、添付書類の範囲が拡大され、「法定相続情報一覧図の写し」等を利 … 続きを読む 相続税の申告に「法定相続情報一覧図の写し」が利用できるようになりました

贈与をした人がその年に死亡したときの申告

贈与をした人が贈与をした年に死亡した場合、贈与税の申告をするのでしょうか、それとも、相続税の申告をするのでしょうか? これについては、贈与を受けた人(受贈者)が相続時精算課税制度の … 続きを読む 贈与をした人がその年に死亡したときの申告

遺留分の減殺請求がされているときの相続税の申告

例えば、被相続人(お亡くなりになった人)が長男に全ての財産を相続させる遺言書を作成していた場合、その遺言書に従って遺産分割が行われることとなります。しかし、配偶者などの遺留分権利者 … 続きを読む 遺留分の減殺請求がされているときの相続税の申告

過去の贈与税の申告内容がわからないときの開示請求手続とは?

相続税の申告にあたっては、相続開始前3年以内に行われた贈与による財産や相続時精算課税制度の適用を受ける贈与財産を相続財産に含めて相続税の計算をする必要があります。そのため過去に行わ … 続きを読む 過去の贈与税の申告内容がわからないときの開示請求手続とは?

相続税申告書への被相続人のマイナンバーの記載が不要に

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入により、平成 28 年1月1日以降に相続等(贈与をした者の死亡により効力を生ずる贈与を含む。)により取得する財産に係る相続税の申告書に … 続きを読む 相続税申告書への被相続人のマイナンバーの記載が不要に

誤った内容で相続税の申告を行ったとき

相続税の申告を行った後に、申告内容に誤りがあることに気づくことがあります。このようなときはどうすればよいのでしょうか? 誤った内容で相続税の申告を行ったときは、提出した申告書を訂正 … 続きを読む 誤った内容で相続税の申告を行ったとき

相続税の物納制度とはどんな制度?

相続税を延納しても期限までに納めることが難しいときは、納付が困難な額を限度として、金銭以外の財産により納付をすることができる、という制度があります(相続税の物納制度)。この制度を利 … 続きを読む 相続税の物納制度とはどんな制度?

相続税の延納制度

相続税は、納期限(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内)までに金銭で納めることが原則です。しかし、相続した財産が不動産など金銭以外のものばかりで、相続税が生じるも … 続きを読む 相続税の延納制度