平成30年度(2018年度)相続税・贈与税の税制改正のポイント

相続と税金

相続対策も相続税の申告も早くから準備をするほど良い結果に結びつくことでしょう。大阪にある「みんなの相続相談・大阪」は、すでに相続が起こった方も相続のことが心配な方も、お客様の事情をしっかりと汲み取って、お一人お一人に適した相続対策を提案いたします。

平成30年度(2018年度)税制改正法と,政省令・関係告示が3月31日に公布されました。 相続税・贈与税に関しては、事業承継税制の特例の創設や相続税節税スキームを防ぐための一般社団 … 続きを読む 平成30年度(2018年度)相続税・贈与税の税制改正のポイント

土地や建物などの不動産を売却し、利益(譲渡所得)が出たときは所得税がかかります。 相続した土地や建物についても同様ですが、相続で取得した場合は特例が設けられています。今回はその特例 … 続きを読む 相続した不動産を売却したときの税金 取得費加算の特例とは?

被相続人が遺言書を残していた場合は、被相続人の意思である遺言書の内容に従って、遺産分割をするのが通常です。しかし、遺言書が残されている場合でも、相続人全員が合意すれば、遺言書の内容 … 続きを読む 遺言書どおりに遺産分割しなかったときに贈与税はかかるか?

相続税を計算するときは、遺産総額から被相続人が残した借入金などの債務を差し引くことができます。被相続人に税金を支払っていなかったとき、その税金も相続財産から控除することができるので … 続きを読む 未納の税金は債務控除できるか?

被相続人の死亡により取得する年金受給権についても相続税がかかることがあります。 年金受給権とは、年金を受け取ることができる権利のことをいいます。 国民年金や企業年金、個人年金保険に … 続きを読む 年金受給権を相続したときに相続税はかかる?

相続時の住所と相続税のかかる財産

相続等で財産をもらった時に日本国内に住所を有している人は、相続財産がどこにあるかに係らず、取得したすべての財産について相続税がかかります。一方、相続等で財産をもらった時に日本国内に … 続きを読む 相続時の住所と相続税のかかる財産

死亡保険金を受け取ったときの相続税の計算方法

被相続人が死亡した場合に、被相続人が加入していた(保険料の全部または一部を負担していた)生命保険より生命保険金などが支払われることがあります。この生命保険金は、通常、受取人固有の財 … 続きを読む 死亡保険金を受け取ったときの相続税の計算方法

相続税の計算にあたって、一定の債務については、相続税の課税財産から控除することができます。では、葬式費用なども遺産総額から控除することができるのでしょうか?また、そのときの注意点は … 続きを読む 相続税の計算で葬式費用は遺産総額から控除することができる!?

家族名義の預金などが見つかったとき(名義預金の問題)

被相続人(お亡くなりになった方)の財産を整理していると、本人の知らないところで家族名義の預金通帳が見つかることなどがあります。被相続人が勝手に家族の名前を使って預金していたのでしょ … 続きを読む 家族名義の預金などが見つかったとき(名義預金の問題)

相続税の課税価格を計算する際に、相続財産(正の財産)から債務(負の財産)を控除します。このとき控除できる債務には決まりがあります。今回は、相続財産から控除できる債務について税理士が … 続きを読む 相続税の計算にあたって、相続財産から控除できる債務とは?

相続税がかからない財産

相続税がかからない財産のうち主なものは次のとおりです。 1  墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物  ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商 … 続きを読む 相続税がかからない財産

相続税は、相続した財産に対してかかる税金です。実際に相続税がかかる「財産」とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?税理士がポイントを解説します。   経済的価値のあ … 続きを読む 相続税がかかる財産