デイサービスの基本|1日の流れ・サービス内容・利用対象者・費用などについて

通所サービスの一つであるデイサービスは在宅介護をしている方の強い味方です。介護保険が使えるので経済的にも安心で、介護している家族にとっても利用する方にとってもメリットがあります。しかし、施設ではどのように過ごすのか、1日の料金はどれ位になるのか、わからないことも多いです。

そこで、今日はデイサービスでの1日の流れ、目的と利用対象者、費用についてご紹介します。デイサービスを利用してみたい方、これから在宅介護をしようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

1.デイサービスでの1日の流れ

デイサービスの1日の流れ

デイサービスの一般的な1日の流れをご紹介します。デイサービスの利用時間はさまざまありますが、朝から夕方までの7時間以上8時間未満の利用の場合です。

 

8:30~9:00 自宅まで車でお迎え

9:30 施設に到着・体調チェック

10:00 入浴/機能訓練・趣味活動

(順番に入浴します。順番を待つ間や入浴後、機能訓練や趣味活動を行います。)

12:00 昼食

13:30 レクリエーション・趣味活動

15:30 おやつ

16:00 レクリエーション・趣味活動

17:00 自宅まで車でお送り

 

デイサービスのサービス内容

デイサービスの主なサービス内容は次のとおりです。

・車での送迎

・日常生活の支援(食事、入浴介助、排泄介助、など)

・レクリエーション、趣味活動

・機能訓練

 

 

2.デイサービスの目的と利用対象者

デイサービスの目的

デイサービスの目的は「利用者が自宅で自立した日常生活ができるよう支援すること」です。そのため、先程ご紹介したサービスを提供する時はスタッフがすべてをやってあげるのではなく、利用者一人ひとりの心身の状態に合わせて本人ができることはなるべく自分でやってもらい心身機能の維持を図ります。そして、本人ができないことであってもスタッフのサポートがあればできることはサポートを続け自立を促します。

また、その他の目的として、自宅にこもりがちな利用者の孤立感を解消することや介護している家族の負担を軽減することも挙げられます。

 

デイサービスの利用対象者

要介護1~5の方

※介護保険を利用しない10割負担の場合は、要支援1・2の方も利用できるデイサービスがあります

 

このような方にはデイサービスがおすすめ

<利用者>

・日常生活の動作に衰えを感じてきた

・体は少し不自由だけど自宅での暮らしを続けたい

・一人での入浴に不安を感じる、困難になってきた

・家族以外の人との交流を楽しみたい

 

<介護している家族>

・1日だけ仕事や用事があり日中の介護ができない

・心や体をリフレッシュしたい

 

このような場合にはデイケアが向いています

デイケアはデイサービスと同様に日中に施設へ行き、食事・入浴・機能訓練・リハビリなどのサービスを受けて当日中に帰宅するサービスです。デイケアはデイサービスより医療ケアが充実しているので、次のような手厚い医療ケアが必要な利用者はデイケアを利用することをおすすめします。

 

・神経難病、呼吸器の病気がある

・脳血管疾患の後遺症がある

・骨折、変形性関節症などで通院している

・退院直後で体力がなく、すぐには日常生活に戻れない

 

デイケアの場合は、要介護1~5の方の他に要支援1・2の方も介護保険を使って利用できます。

要介護1~5の方であればデイケアとデイサービスを併用することもできるので、その時の心身の状態に合わせて選ぶことも可能です。

デイケアの基本|1日の流れ・サービス内容・利用対象者・費用などについて

 

3.デイサービスにかかる費用

デイサービスに必要な費用は次の3つの項目です。

①利用料金(介護保険適用)

②サービス加算(介護保険適用、サービスの利用があった時のみ加算)

③食費・日用品など(介護保険適用なし、利用した分を負担)

 

①利用料金(介護保険適用)

今回は上記の“デイサービスでの1日の流れ”のように7時間以上8時間未満の利用をした場合の料金をご紹介します。

 

<利用者の負担額の目安(1割負担、1回の利用につき)>

要介護1…645円

要介護2…761円

要介護1…883円

要介護1…1003円

要介護1…1124円

 

※厚生労働省HPより引用 https://www.kaigokensaku.mhlw.go.jp/publish/group7.html

※7時間時用8時間未満の利用

※通常規模の事業所(1ヶ月の平均利用延べ301人~750人以内)のデイサービス

※送迎費を含む

②サービス加算(介護保険適用、サービスの利用があった時のみ加算)

・入浴介助加算…入浴時の介助・観察を行った時に加算。50円/1回

・口腔機能向上加算…口腔機能改善管理指導計画作成・個人指導を行った時に加算。150円/1回

・栄養改善加算…栄養状態の改善に関する相談・管理を行った時に加算。150円/1回

③食費・日用品など(介護保険適用なし、利用した分のみ負担)

・食事代…1食500~1000円

・おやつ代…1食50~100円

・紙おむつ、紙パンツ、尿取りパッド代…実費

・レクリエーション、趣味活動のための材料費(希望者のみ)…実費

 

 

まとめ

今回は、デイサービスでの1日の流れ、目的と利用対象者、費用についてお伝えしました。

デイサービスは施設ごとに特色があります。お風呂場がホテルのように豪華なところ、食事・おやつに力を入れているところ、多種多様です。通うのが楽しくなるようなお気に入りの施設を見学しながら選んでみてはいかがでしょうか。デイサービスの契約等はケアマネージャーを通して行いますのでぜひ相談してみてください。