相続人同士(子と代襲相続人である複数の孫)の関係がよくないケース

相続人同士(子と代襲相続人である複数の孫)の関係がよくないケースで、税理士及び弁護士が遺産分割をサポート。相続税評価のみならず、複数の方法で相続財産を評価し、可能な限り公平な相続と … 続きを読む 相続人同士(子と代襲相続人である複数の孫)の関係がよくないケース

この記事は約1分で読み終わります。

相続人同士(子と代襲相続人である複数の孫)の関係がよくないケースで、税理士及び弁護士が遺産分割をサポート。相続税評価のみならず、複数の方法で相続財産を評価し、可能な限り公平な相続となるように検討し、結果として、全員が納得する遺産分割を行うことができた。相続人同士の話し合いにはすべて税理士または弁護士が間に入って行った。